学院説明会 資料請求
適応指導教室専門員
紺野 早苗さん
「カウンセリングとは、人は誰でも自分の問題を
 自ら解決できる力を持っていると信じ、
 カウンセラーとの信頼関係の元、
 その力を引き出していくことだと学びました。」
不登校児童生徒が通う教室で信頼関係を築きながら心のサポートをしている紺野さん。
 多くの方々の学校や社会への復帰のお手伝いをしています。


心理学を勉強しようと思われたきっかけは何ですか?
 もともと心理学に興味があり、学生の時も心理学を選択して学びました。数年前、不登校児童生徒と関わる仕事に就いたことをきっかけに、臨床心理士の資格を今からでも取りたいと思いましたが現実は厳しく、資格取得を諦めかけたとき、盛岡に日本カウンセラー学院が開校することを知り、是非学んでみたいと思いました。また、自分が学びたいと思っていた内容と学院のカリキュラムが一致していたことや、東京と同様の講義並びに講師の方々から直接学べるというのも大変魅力でした。

1年間の学院生活において、どんなことを学ばれましたか?
 それまで「カウンセリング=アドバイス」だと思っていました。しかし、カウンセリングとは、人は誰でも自分の問題を自ら解決できる力を持っており、カウンセラーがその力を信じ、引き出していくことだと知りました。今までは、その人の力を無視し、アドバイスばかりしていましたが、学院で学んでからは、相手の言葉一つ一つに耳を傾け、相手が自ら答えを導き出せるような言葉をかけることができるようになりました。

現在のお仕事の内容について具体的に教えてください。
 市町村の教育委員会が運営している適応指導教室で専門員をしています。この教室は、不登校児童生徒(小学校・中学生)が通う教室です。主な通級生は中学生で、その子供達と一緒に様々な活動をしています。その中で信頼関係を築き、悩みや不安を聞き、心のサポートを中心に学校や社会への復帰を目指す子ども達の支援をしています。

就職、独立を目指す学院生に、先輩からメッセージをお願いします。
 学院で学ぶ1年間は、これからカウンセラー活動をしていく上で貴重な一歩を踏み出したと同時に、自分自身を学び、磨いていく長い道のりのスタートでもあると思います。お互いの自分の夢・目標を大切にし、今の自分に必要なこと、やるべきことを見失わないよう常に心がけ、質の高いカウンセラーを目指し、成長し続けましょう!

  • 前の記事
  • 閉じる
  • 次の記事