学院説明会 資料請求
心理カウンセラー
澤村 直樹さん
「卒業生同士のつながりを大事にしています。」

 入学以前の私は、知人や友人の相談に対して話を聴くことは出来てもそれ以上のことは出来ず、気づけばいつも同じ話の繰り返し。「なんだか申し訳ないな」と感じていた時に、「カウンセラーはどのように話を進めているのだろう」と興味を持つようになりました。

 学院に入学する決め手となった体験入学では、期待が膨らみました。それは、日常生活ではまず体験できない刺激的な内容で、ここにはカウンセラーになるためのノウハウがあると感じたからです。

 そして在学中は、人の意識していない言動にもそれぞれ意味があると知り、自分自身と向き合っていくのが楽しくなりました。現在のように、カウンセリングの知識や経験を広く紹介したいと考えるようになったのも、この頃の経験が強く影響しているように思います。

 現在は、メールカウンセリングの会社と、同じ学院の卒業生の方が立ち上げたカウンセリングセンターに所属しています。働き始めて感じたのは、学院で繰り返し行った実習が今日の私の支えとなっていることです。理論だけではなく、実技にも多くの時間を費やすカリキュラムがこの学院の最大の魅力だと実感しています。また、先輩方や同期との繋がりが卒業後も続くので、今でもお互い刺激し合いながら技術を研鑽しています。このような環境があるのも魅力のひとつですね。

  • 前の記事
  • 閉じる
  • 次の記事