学院説明会 資料請求
ブライダルカウンセラー
恩田 睦子さん
「自分自身の内面を見つめなおし、
もっと自分らしさや個性を出していきたかったんです。
また、今後の人生に必ずプラスになると感じていたので
学ぼうと思いました!」
 現在、イベント・式典の司会、スタジオナレーション、生き方、話し方教室講師、ブライダル司会やマリッジカウンセリングと多忙な恩田さん。「授業で学んだことを活かして安心や信頼感を与えられるような私でありたい」と語ってくれました。

 ☆次の文章は恩田さんが披露宴を終えた後にお客様よりいただいたお手紙の抜粋です。

 「この間は本当にありがとうございました。おかげでとっても楽しい披露宴ができて本当に嬉しかったです。 恩田さんに司会をしていただけたことを感謝しています。 打ち合わせをしながら想いを相談したり、聞いてもらって楽になりました。 これからもたくさんのカップルを幸せにしていってください! 恩田さん最高!!」

恩田さんのこれからの活動も楽しみです!


1年間の学院生活において、どんなことを学ばれましたか?
 自己責任が強くなりましたね。何事も自分の蒔いた種であるということと、夢や目標に向かっては、スモールステップの法則を学びました。最大の進歩は客観的に自分を見つめることができるようになったことと人の話を意識的に聴くようになったことです。

カウンセラーとして最初に突き当たった壁はどういったことですか?
 友達に「どうしていいかわからないから聞いているんでしょ!カウンセラーなんでしょ?教えてよ。」と全てを依存された時ですね。私自身も学ぶ前は、カウンセラーは全ての答えを教えてくれる人だと勘違いしていたので、友達の気持ちもわかりました(笑) 学院で学んだ“心理療法”の定義を丁寧に伝え、気づきのお手伝いという観点を話し、カウンセリングを再開しました。

現在のお仕事にはどのように活かされていますか?
 ブライダルの打ち合わせでは、お客様との会話を大切に、マリッジブルーになりそうなお客様の不安や心配事をカウンセリングし、心のケアもできる司会者として活動させていただいております。例えば、「この人で本当にいいのだろうか」「子供をちゃんと育てられるだろうか」「相手のご家族と上手くやっていけるだろうか」「経済的に大丈夫だろうか」と悩まれる女性は大変多いのが現実です。最近は男性の方も増えてるんですよ(笑)ですから、私はお客様と知り合ったときから披露宴をメインとし、そして結婚生活が始まってから発生する新たな悩みもカウンセリングしています。結婚された後のアフターフォローですね。大変喜ばれているんですよ!

  • 前の記事
  • 閉じる
  • 次の記事