学院説明会 資料請求
高齢者グループホーム・ホーム長
河田 素子さん
「働いている介護士自身の姿勢が
サービス内容そのものとして提供される介護現場で、
お客様である高齢者へ最良のサービスを提供しようと
するのであれば、まずは働く介護士のメンタルケアから
始めることを提案し、実践しています。」
 介護職従事者へのメンタルケアや、対話によるケア技術向上など、心理療法を活かした介護施設・人材育成を広めるべく、福祉業界でのカウンセリング普及を目指しているという河田先生です!
心理学を勉強しようと思われたきっかけは何ですか?
 子供の頃から心理学に興味がありました。幼児期に転居が多かったためか、私自身の性格なのか、友達を作ることが苦手だったため、学校のクラスメイトになかなか馴染めず、疎外感を感じることが多くありました。その頃から現在に至るまでずっと、‘人の心’に近づける学問を学びたいとの想いが自分の中にしこりのように残っており、そんな折に学院と出会えたことが心理学を学ぶきっかけになりました。
 福祉の仕事に就き、社会人として働き始めていた私は、心理学の資格をとるには大学院へ進学するということが一般的なのだろうと、半ば諦めかけていました。そんな私にとって、カウンセリングを勉強したいという気持ちを持った人に対して広く門戸を開いてくれていて、さらに初めてでも実践的な知識や技術が身につく学院の存在は晴天の霹靂のようなものでした。
 私が心理カウンセラーを意識し始めた当時は、カウンセラーという職自体がまだ世に知れている職種ではなかったので、自分自身の幼少期の経験から、カウンセリングを学んで、学校のカウンセラー的存在である『保健室の先生』を目指そうという気持ちが大きかったのですが、進学していく中で福祉の道でカウンセラーとしての役割をもつ仕事があることを知り、今はカウンセリング技術を持って、福祉業界従事者へのメンタルケアの充実を計りたいという想いで歩んできました。

1年間の学院生活で日常生活にどんな変化がありましたか?
 学院に通い始めてからは仕事でも、職場は変わっていないのに今までの職場とは違うような感覚さえ感じ、自分でも驚くほどの変化がありました。学びにより自分が変化することによって、周りも変化するということを実感した初めての経験で、日々の生活に感動を覚える程でした。
 勉強をする毎に自分に変化があることが楽しく、そして嬉しくて、毎日自分から積極的に本を読んだり復習をしたりしながら通った1年間で、とても充実していました。
 また、学んだことを仕事に活かしながらも、「いつかはカウンセラーとして就職する!」「独立しよう!」という、高い目標を持って勉強に励んでいましたね。

現在のお仕事の内容について具体的に教えてください。
 現在は高齢者のグループホームで管理者として勤務しております。高齢者の生活支援の中に、心理カウンセリング技術・心理療法を活かしていくという方向に絞ってしまうことなく、働いているスタッフを対象として対話技術・行動療法・色彩心理を用いるということにも有効活用し、職場環境の充実にも力を注いでいます。
 また、管理職という立場上、介護支援専門員やご家族からの入居相談、社内事務、対外的な情報収集や医療関係者との連絡調整など、全ての管理を任されていますので、自分自身が仕事に巻き込まれてしまわず、且つ忙しさに忙殺される中でも感情に流されることなく、自分で自分の感情をコントロールするにも学院での学びは役に立っていると感じますね。

現在お仕事をされる中で、学院で学んだどのようなことが実践的に役立っていますか?
 福祉の業界は限られた人数の中で働くため、人間関係の躓きは退職への大きな要因となっていることが多々あります。また、働いている介護士自身の姿勢がサービス内容そのものとして提供される介護現場で、お客様である高齢者への最良のサービスを提供しようとするのであれば、まずは働く介護士のメンタルケアから始めていくことを提案し、実践しています。
 管理職という立場になってみて、改めて上司という立場にある人とのコミュニケーションがいかに重要かという事を痛感し、学院で学んでいたからこそ今の職場環境が作れたのではないかと思っています。

就職、独立を目指す学院生に、先輩からメッセージをお願いします。
 カウンセラーとしての学び以外に、自分の興味ある分野をみつけて、平行して知識を身に付けていく面白さを感じて欲しいと思います。私のようにある分野に特化し、その中でカウンセラーとしての知識を役立ててブラッシュアップしていくこともカウンセラーとして必要だと思います。まずは、自分自身の価値(魅力)を磨くことです。そうすれば、たとえカウンセラーとしての就職ではなかったとしても、職場の中でカウンセラーとしての働きをしていることがあるかもしれませんよ。

これから心理学を勉強しようと考えている方へメッセージをお願いします。
 「人のために……」と思っていたことが、実は自分の悩みのためであることに気が付く事があります。
 「人のために……」と思っていたことが、実は自分が整理できていない、かつての記憶だったことに気が付く事があります。
 「人のために……」という言葉は、自分のことを本当に理解できていないがために発している言葉かもしれません。 “自分の人生の出来事から喜怒哀楽を知ろう!”ということを意識することから、心理学への一歩があるのではないかと思います。
  • 前の記事
  • 閉じる
  • 次の記事