日本カウンセラー学院 学院情報
 
心理カウンセリングとは 心理学・カウンセラー誕生 心理カウンセラーについて 心理カウンセラーの基礎知識
【人名】
心理カウンセラーの基礎知識
【参考文献】
 

心理カウンセリングの基礎知識【人名】

 
 
■カール・ロジャーズ
(1902-1987) 来談者中心療法の創始者。「心理カウンセリング」といえば、この来談者中心療法を指すことが多い。指示をしない「非指示的カウンセリング」で、自己一致、受容、共感的理解を備えたカウンセリングを提唱。アメリカ心理学会の調査で、「20世紀に最も影響を与えた心理療法家」で第一位に選ばれる。
 
 
■ジークムント・フロイト
(1856-1939)精神分析の創始者。神経症の原因として、無意識の働きに注目。フロイトの考えに同調した、ユング、アドラーなどの高名な精神科医も彼の考えに同調するが、後に離反する。彼の精神分析は批判を受けることが多い一方、心理学以外の分野に対しても多大な影響を与えている。
 
 
■カール・ユング
(1875-1961) ユング心理学(分析心理学)の創始者。フロイトが、無意識を個人的なものと考えたのに対し、ユングは、無意識を個人的無意識と集合的無意識に分け、人間が共通して持っている部分もあると想定した。東洋の思想にも注目し、自らの考えに取り入れたことなどから、日本でも人気がある分野の一つになっている。
 
 
■アルフレッド・アドラー
(1870-1937) アドラー心理学(個人心理学)創始者。フロイトが性への衝動を扱ったのに対し、アドラーは「権力への意志」に注目した。日本では触れる機会はあまりないが、人間性心理学、認知行動療法、コーチングなどの分野に強く影響を与えている。世界ではじめて児童相談所を開設した事でも有名。
 
 
■ジョセフ・ウォルピ
(1915-1998)学習理論に基づく心理学実験により、神経症が学習によって得られた習慣であることを概念化。そして神経症に有効な行動療法の手法である「系統的脱感作法」を考案した。
 
 
■エリク・エリクソン
(1902-1994) ライフサイクルの概念を提唱し、人生の各段階で心理社会的課題に直面すると考えた。その中でも特に青年期の問題に注目。アイデンティティの問題を大きく取り扱った。
 
 
■ミルトン・エリクソン
(1901-1980)相手に合わせた独特の催眠技法を使い、天才的な能力を発揮。「魔術師」とも呼ばれている。自身の技術を伝えるために世界中でセミナーを開催する一方、「人によって対処法が違う」という理由から、自らの技法を体系だてることはしなかった。NLP,家族療法などに多大な影響を与えている。
 
 
■アルバート・エリス
(1913-2007)現在、うつ病の改善で最も注目を集める心理療法である「認知行動療法」のうちのひとつ「論理療法」を考案。分かりやすく、ユーモアを取り入れた実践的なアプローチで、落ち込みの原因を過去に求めず、信念体系や認知の問題とする。今でも積極的に活用している人は多い。アメリカ心理学会の調査で、「20世紀に最も影響を与えた心理療法家」で第二位に選ばれる。
 
 
■エルンスト・クレッチマー
(1888-1964)彼の著書『体格と性格』でその関連性に着目して注目を集めるが、ヒステリー、無意識など、彼の研究は広範に渡る。体格によって性格が分類できる、という彼の考えは、今でも「類型論」の代表として語られることが多い。
 
 
■ヴァージニア・サティア
(1916-1988) 家族療法研究の第一人者。家族療法、ブリーフセラピーの教育施設MRI(Mental Research Institute)の設立に参画。彼女のクライエントに対するかかわりや、人を引きつける話し方は、NLPのモデルの一人として取り上げられている。
 
 
■ハリー・スタック・サリヴァン
(1892-1949)新フロイト派の一人。豊富な臨床経験の中から、幼少期の対人関係の重要性を指摘。主に統合失調症の治療に当たる。日本では中井久夫を中心に彼の著書の翻訳が推進され、「関与しながらの観察」などは、現在でも広く知られた言葉のひとつになっている。
 
 
■ユージン・ジェンドリン
(1926- ) 心理療法のひとつ「フォーカシング」の開発者。ロジャーズの研究グループに属し、ロジャーズの考えをさらに発展させ「体験過程」という概念をもたらす。日本をはじめ世界の多くの心理療法家に影響を与えている。
 
 
■バラス・スキナー
(1904-1990)行動主義心理学の代表的人物。心理学界の論客として、多くの論文を書き、アメリカ心理学会の「20世紀で最も影響を与えた心理学者」の第一位になる。オペラント条件づけを調べるために開発された「スキナー箱」の実験が有名。
 
 
■ハンス・セリエ
(1907-1982)ストレス学説の提唱者として有名。ストレッサーに対する生体反応を明らかにした。
 
 
■エドワード・ソーンダイク
(1874-1949)動物の実験を通して、学習における様々な法則を発見。教育心理学や行動主義心理学へ多大な影響を与える。「猫の問題箱」の実験が有名。
 
 
■イワン・パブロフ
(1849-1936)犬を使った唾液腺、条件反射の実験(パブロフの犬)を行い、ロシアで初のノーベル賞を受賞。この条件反射説は、ワトソンの行動主義心理学において中心的な役割を果たしている。
 
 
■フレデリック・パールズ
(1893-1970)ゲシュタルト療法の創始者。「今、ここ」の体験を重要視し、「気づき」を通して人格の統合を目指していく。
 
 
■アルバート・バンデューラ
(1925- )社会的学習理論を提唱。条件づけによる学習の他に、観察することによって学習するという考え(モデリングによる学習)に至った。自己効力感の理論でも有名。
 
 
■アンナ・フロイト
(1895-1982)S・フロイトの末娘。子どもに対する精神分析を行い、同じ精神分析家のクラインの学派とは今でも対立関係が続いている。防衛機制を整理したことでも有名。
 
 
■グレゴリー・ベイトソン
(1904-0981) 家族のコミュニケーションパターン「二重拘束(ダブルバインド)」の理論を打ち立て、精神病を家族内のコミュニケーションから理解しようとする考えで注目を浴びる。家族療法のみならず、NLPなどの心理療法でも理論的支柱として置かれている。
 
 
■アーロン・ベック
(1921- )認知行動療法の先駆けで、論理療法と双璧をなす「認知療法」の創始者。特に「うつ病の認知療法」を考案し、有名になる。
 
 
■マレー・ボウエン
(1913-1990)家族療法家で、家族システム論の体系化をなした(ボウエン理論)。「自己分化」「三角関係」「家族投射過程」の研究で有名。
 
 
■アブラハム・マズロー
(1908-1970) 心理学第3の勢力「人間性心理学」の中心人物。「欲求の階層説」で有名。晩年は至高体験などを研究し、心理学第4の勢力「トランスパーソナル心理学」の中心人物にもなった。
 
 
■ジョン・ワトソン
(1878-1958)行動主義心理学者。曖昧な「心」を扱わず、観察可能な行動を重視する行動主義を提唱した。恐怖症などに対しての行動療法の先駆者としても有名。
 
 
■O.S.ウォーコップ
(? - ? )イギリスの哲学者。基本的に物事を二元論的に捉え、どちらかが優位に立ち、もう一方はそれに対抗し、「彩りを添える物」と考えた。彼の著書「意味への逸脱」の中で、「生の挙動」と「死の回避行動」に言及した。
 
 
■エリック・バーン
(1910-1970)TA(交流分析)の創始者。E.H.エリクソンなどから精神分析のトレーニングを受けていたが、彼の考えがあまりにも革新的だったため、学会からの承認が得られず、離脱。自らの理論を打ち立てる。→交流分析
 
 
■グールディング夫妻
早くからエリック・バーンの勉強会に参加。交流分析の理論にF.パールズのゲシュタルト療法の技法をプラスした再決断療法を創始した。
 
 
■ドナルド・マイケンバウム
(1940- )認知行動療法のひとつ、自己指示法(自己教示訓練)を考案。ストレスに対する免疫を高めるための啓蒙活動も行っている。
 
 
■ジェームズ・マン
(1913- )オットー・ランクとともに、時間制限心理療法を考案した。それまでの「精神分析」による心理療法は、終わりがなく、長期化し、クライエントの負担が大きいものだった。J.マンとランクは、回数に制限を設け、クライエントの負担の少ないカウンセリングを目指した。
 
 
■アレキサンダー・ローウェン
(1900-2008) ボディ・ワークのひとつ、バイオエナジェティックスの創始者。精神分析のヴィルヘルム・ライヒの理論とヨガなどの運動法を組み合わせて考案した。現在もエサレン研究所で活発に行われている。
 
 
■アーノル・.ミンデル
(1940- )トランスパーソナル心理学の代表的な心理療法であるプロセス指向心理学の創始者。「変化」や「変化の知覚過程」(プロセス)に注目した。C.G.ユングの分析心理学から、禅、老荘思想から量子物理学にいたるまで、幅広い分野から影響をうけている。
 
 
■ジョン・グリンダー
(1940- )元は言語学者だったが、リチャード・バンドラーとともに天才的なセラピストのセラピーを分析し、NLP(神経言語プログラミング)を共同開発。現在はたもとを分かち、ニューコードNLPに改訂し、カルメン・ボスティック・サンクレア女史とともにセミナー活動を行なっている。→NLP
 
 
■リチャード・バンドラー
(1950- )大学で心理学を専攻していたときに、ジョン・グリンダーとともに、NLPを共同開発。天才セラピスト(M.エリクソン、F.パールズ、V.サティア)に対してインタビューを行い、体系化する。
 
[PageTop]