コース紹介
 

ブリーフセラピー

心理カウンセリングが様々な層に広まるにつれて、なるべく短期間に、簡潔に問題を解決する必要が出てきました。そこで、「なぜ問題が起きたのか」など、問題の原因を扱うのではなく、「問題を解決するために、何が使えるか。どうなっていればいいのか。」を考え、効率的で合理的な解決法を考えていくことになります。この考え方は、心理カウンセリングの分野にとどまらず、コーチングなどの分野でも広く認知され、活用されています。